これだけは欠かせない!着物のお手入れ 

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

お正月や成人式で、振袖などをお召しになった方も多いですね。
着物のお手入れで、これだけは気をつけてほしいことです。

STEP1

着物を脱いだ後は、汗をかいた場所はそのままにするとシミになりますので、濡らしたタオルで拭いて落とします。

STEP2

食事の食べこぼしをしてしまったら、自分で手入れをしないでプロに頼みましょう。
自分で無理やり落すと、シミが広がったり生地が傷んだりしてしまいます。

いつ何が原因でできた染みかを伝え、クリーニング屋さんに落としてもらいましょう。

STEP3

着物を着た後は体の湿気をすっていますので、2~3日陰干しして、しっかりと乾いてからたたみましょう。

しまうときはたとう紙に包んで、防虫剤は着物に直接触れないように入れましょう。
また2種類の防虫剤を使うと、化学反応を起こし着物をダメにしてしまいます。

STEP4半年に1回ほど陰干しをするのが理想的です。

長くしまったままでは、いたんでしまいます。

まとめ

着物はデリケートなものです。大切に保管して、しっかりと長持ちさせたいものです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ