小説を書くときにあると便利なもの

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:424
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
小説を書きたい方は、以下のものがあると便利です。

STEP1①類語辞典

言葉を一つひくと、それと意味上でにた単語を調べることができるのが、
この類語辞典です。

これが一冊あれば、同じ表現を何度も用いることが少なくなり、
表現にバリエーションをだすことができます。

かたわらに一冊おいておきましょう。

STEP2②座椅子

小説に限らず何かを書く場合、座ったままの姿勢でいることが多いです。

そんなとき、床に直で座ると、足が痛くなってくる上に、
あまり身体にもよくありません。

そこで、自分の身体にあった座椅子があると便利です。
もちろん、机に向かうのであれば普通に座る椅子があれば良いですが、
そのときも座布団などがあると、お尻が痛くならず便利です。

STEP3③百科事典など

小説は基本的に何かを題材として書くため、
様々なことを自宅で調べられ、写真つきで見ることができる、
百科事典があると便利です。

もちろん最近はインターネットも発達してきているので、
ネット上で調べることもできますが、
今の所、確実なことを調べるには、
やはり書籍化されたもののほうがよいです。

まとめ

小説・物語のテーマを決めるには、日本の和歌を網羅した『国歌大観』も使えます。

必要なもの

類語辞典 座椅子 百科事典

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ