愛犬の性格に合わせて社会経験をさせる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:243
  • ありがとう数:0

はじめに

自分の愛犬は一体どんな性格なんでしょう…。
これを把握してうまく社会経験をさせましょう。

警戒心が強く怖がりな性格
何事にもほどほどな性格
落ち着きがない性格
など。

STEP1【性格に合った経験をさせましょう】

特徴:シャイ(警戒心が強く怖がり)な犬
シャイな犬は意外に多いものです。
生まれ持った気質もありますが、
生まれてからの経験や見聞が浅いことも、その性格を助長しています。
初めて出会うものに対して、過剰に怖がったり、
警戒心を持ってしまいます。

おすすめの経験:
シャイな性格の犬を慣らすためにも様々な経験が必要ですが、
いきなり刺激の強い体験は負担になってしまいます。
はじめは、色々な人やものがある場所は避け、
土手の散歩などから始めましょう

STEP2特徴:何事にも程々な犬

ハッスルしすぎるわけでもなく、またそれほどシャイというわけでもない犬です。
どちらかが極端にでているというわけではないので、
心配しなくてよいでしょう。

STEP3特徴:ハッスル(落ち着きがなくなりがち)しすぎる犬

物事に対して積極的で、ついつい我を忘れて度が過ぎてしまうことが多いタイプです。
明るく人に好かれやすい部分がある反面、学習しているのか疑問の残るタイプです。

おすすめの経験:
集中できる環境が必要です。
わんぱくでハッスルしがちな犬には、
まずは集中できる環境を整えてあげることが大切です。

まとめ

子犬期の育て方が性格形成に大きく影響します。

遺伝によってもともと持ち得ている性格や気質を変えるのは難しいですが、
悪い性格や気になる行動を抑えることは可能です。
子犬のうちはしつけをしっかり行いましょう。
ただ、乱暴に接していると、おびえてしまう性格になったり、
反撃してしまうようになるので、飼い主さんが持ち得ている性格を読み取り
うまく接していくことが大切です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ