罹るまえに防ごう! インフルエンザを寄せつけない生活習慣

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:232
  • ありがとう数:0

はじめに

罹ってしまうと厄介なインフルエンザ。予防接種を受けていない人はもちろん、予防接種をした人も罹る可能性があるので要注意。インフルエンザを防ぐ生活習慣をまとめてみました。

STEP1

家族にインフルエンザに罹った人がいる場合、その人が鼻をかんだティッシュをそのままゴミ箱に捨てないように。必ずビニール袋などに入れ、袋の口をよく縛って蓋つきのゴミ箱へ。

STEP2

マスクは不織紙のもので、顔の大きさに合ったものを使うこと。

STEP3

手洗いのタイミングは、帰宅時のほか、せきやくしゃみをした後にも。
殺菌には、石鹸をつけて泡立てて20秒以上こすり洗いを。

STEP4うがいの仕方にも注意。

 まずは口に水を含み、口のなかでくちゅくちゅと20~30秒程度強めにゆすぎ、吐き出す(これをしないと口の中の細菌がのどに直接いってしまう)。
 口に水を含んで上を向き、10~20秒ガラガラと振動させ、吐き出す。これを2~3回繰り返す。口を交互に「あ」と「お」の形にすると、のどのすみずみまできれいになる。

STEP5

栄養バランスのとれた食生活や適度な運動を普段から心掛ける。睡眠不足や疲労、ストレスなどは免疫力を低下させるので要注意。

まとめ

言うまでもありませんが、普段の食生活や運動習慣、正しいうがいの仕方や手洗いの方法が予防のポイントです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ