楽器練習を楽しくする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:6505
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
練習は、機械的になりがちで、面白くないと思う方も多いと思います。できるかぎり楽しんでやりましょう。

STEP1①リズムマシンを使ってフレーズ練習

メトロノームでもよいのですが、
長時間やっているとどうしても淡白なものになってしまいがちです。
そこで、色々なリズムパターンが入ったリズムマシンを使って練習しましょう。

これで、ドラムと合わせているような感覚で練習できます。
打ち込みでベースなどを入れてもよいでしょう。

STEP2②マイナス・ワン

マイナスワンを使用すれば、
バッキングのコードとあわせて練習できます。

コード楽器の方は、ベースがあったほうが進行を覚えられますし、
ベースの方は、ピアノ・ギターのコードと合わせて練習したほうが、
コードの感覚を覚えられますのでおススメです。

STEP3③誰かとあわせる

一番の練習は、人とあわせることです。

①②は、できる限り生の感覚を求める方法ですが、
実際に誰かと練習できるのであれば、それに越したことはありません。
スタジオ使用は金銭的な問題もありますが、
軽くあわせるだけならば、ある程度は誰かの家でもできます。

防音に注意して、何回もあわせればどんな曲でもできるようになります。

まとめ

目標を決めてやることで、やりがいもでてきます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

リズムマシン パソコン

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ