絵が上手くなる方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:586
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
絵を上手く書くには、練習しかありません。

STEP1①模写

まず、絵の練習として必要なのは、
何かを模写することです。

それぞれ分野によって注意すること、
必要なセンスは異なりますが、
まずは実用性を踏まえると、人物模写から始めるのが良いでしょう。

よく人物を観察し、描きましょう。

STEP2②写真を見ながら模写

基本的に、模写するものは時間で刻々と変化していきます。

最初のうちは、写真をとり、
それを見て模写していくとよいでしょう。

これで、いくらでもこだわることができるようになります。
納得のいくまで、何度でも描いてみましょう。

STEP3③全体を見て模写する

実物をみて模写する場合でも、
写真をみて模写する場合でも、
描いていない部分も踏まえて、構成を練ってから描きましょう。

写真をそのまま模写するのであれば、写真をとったとき、
写っていない部分がどんなであるかを覚えておきましょう。

模写していくことは重要ですが、
より上手くなるためには、構成を練り、
描きたいものをかけるようになる必要があります。
全体の中の一部分が持つ意味を、絵に出せるようにするために、
構成を練りましょう。

まとめ

最初はペン書きでも良いと思います。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ