低血圧の症状が出るとき

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:592
  • ありがとう数:0

はじめに

血圧は気温や環境によって大きく変化します。

血圧が下がりやすい時を知って、上手に付き合っていきましょう。

STEP11. 春から夏にかけて

気温が上がると、血管が広がり血液の流れが遅くなります。
また、暑いために汗をかき、体内の水分が失われ、血液量が減ります。
そのために、血圧が下がってしまいます。

STEP22. 食後

食後は食べ物を消化するために胃の周辺に血液量が増え、脳の血液量が減少します。
そのため、血圧が下がり、症状が出やすくなります。

STEP33. 風邪

風邪をひくと熱が出ます。
熱が出ると汗や下痢により体内の水分量が減少し、脱水による血圧の低下がおこります。
風邪の後のだるさはこれが原因によっておこります。

STEP44. 夜更かし

活動する時間が長すぎると交感神経の働きが落ちます。
そのために、血圧が下がります。

STEP55. 忙しい後

忙しい時は緊張して血管が収縮していますが、ひと段落すると血管も拡張し、血液の流れが遅くなります。
これが血圧低下をまねいています。

STEP66. 落ち込むとき

気持ちが落ち込むと、交感神経が作用せず、血管が広がったままになり、血流が遅くなります。
そのため、血圧が下がります。

STEP77. 鎮痛剤・睡眠薬

薬の影響で低血圧の症状が出ることがあります。
これらの薬は、体を落着ける作用があるため、交感神経の働きを抑えてしまいます。
そのため、血圧の低下がおこります。

STEP88. 生理の時

生理中は血液が減少するため、血圧が下がります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ