いろいろ言われている狐達

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by H1129
狐に化かされるとか言いますが、
神様を守る狐もいました。

STEP1稲荷神社の狐

Photo by H1129
稲作が始まったころ、ネズミが大発生・・・その退治に役立ったのが狐でした。
豊作の獣となり、その神様を祀ってある稲荷神社の眷族となりました。
大和朝廷の頃、差別され「狐」と呼ばれた方々を懐柔するためとも言われています。

STEP2狐の習性

主に単独で行動。夜行性で用心深いが好奇心もある。
そのため、人間の生活圏で家畜や残飯を食べる場合もある。
雑食性。 人に懐く性質もあり。

STEP3狐入り名詞

怪異なものから、食べ物まで多い。
狐の嫁入り・狐火・狐憑き・キツネ目・キツネ顔・きつねうどん・きつね寿司・キツネザル
本やアニメ、映画もたくさんある。
映画「夢」・アニメ「かいけつゾロリ」
童話「ごんぎつね」・「手袋を買いに」

まとめ

Photo by H1129
神様のお使いであったり、いたずら好きの妖狐であったり、
怖い存在であったり。悲しいことに毛皮にされたり・・。
文化と言えるほどキツネに親密なのは日本人ぐらいらしいです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ