翌年の「年賀状」を出すには「喪中はがき」の保管が大切!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:326
  • ありがとう数:0

はじめに

「喪中」にあたると「年賀状」が届かない、あるいは、極端に少なくなるなどで寂しい思いをしますね。その寂しい思いを翌年にまでひきずることがあります。もちろん、これは年賀状を受け取る側の問題ではないのですが……。ここでは、相手にそういう思いをさせないためにも気をつけることについて考えてみたいと思います。

STEP1

年末に届いた「喪中はがき」の保管が、翌年の「年賀状」忘れを防ぐためには大切です。いちばん簡単な方法は、年明けて届いた年賀状の束といっしょに保管する方法です。

STEP2

年賀状の宛名書きをするときは、五十音別に名簿を作成して、投函前にチェックする方法もあります。そのとき、喪中にあたる人には何らかの印をつけておくと、名簿を整理するときにも役立ちます。

STEP3

名簿は原本をつくっておいて、年賀状投函の前にチェックすると出し忘れを防ぐことができます。また、翌年の年賀状購入の目安にもなりますので大変効率的です。

まとめ

毎年、何人かの人から必ず届く「喪中はがき」です。その翌年、相手の人に寂しい思いをさせないためにも、しっかりと保管することが大切です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

喪中はがきの保管  投函前のチェック

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ