アナログなゲームで脳トレーニング?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:248
  • ありがとう数:0

はじめに

お正月の遊びの一つ、すごろく。すごろくも世界各地にあり、欧米では頭脳戦や駆け引きを楽しむものが多いそう。お正月だけでなく、いつでも家族で楽しめるゲームとして、脳トレーニング(?)として取り入れてみませんか?

STEP1

読売新聞の記事で紹介されていた、「すごろくや」には、色んなゲームがあります。小さい子供から大人まで遊べるもの、海外で人気のものなどがたくさん。なかでも、ドイツで考案された「ねことねずみの大レース」というゲームが取り上げられていましたが、状況に応じてこまを動かすなど、駆け引きが楽しいもの、神経衰弱のようにカードを記憶しながら遊ぶもの、など様々です。

こういったゲームはテレビゲームなどと違って実際に自分の手で駒をすすめ、競争しながらも楽しく遊ぶことを体験することができます。

STEP2

また、さいころを使って計算しながら駒を進めていく等の、算数ゲームも子供には良いと思われます。オセロゲーム、将棋盤を使った山崩しゲームなども、家庭でできる算数ゲームとしてお薦めだそうです。(「キュリオキッズ」)
遊びながら、数に親しむことができるのも魅力です。

一度、サイトをのぞいてみてはいかがでしょうか?
「すごろくや」 http://sugorokuya.jp/index.html
「算数ゲーム研究所 キュリオキッズ」 http://curiokids.jp/index.html

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ