口癖で見抜け!秘密をバラさないタイプ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1439
  • ありがとう数:0

はじめに

 「口は災いのもと」なんて言いますが、口癖で秘密を簡単にバラしてしまう危険人物かどうかのタイプが分かるそうです。これを聞いて深夜のテレビにくぎ付けになってしまいました。

STEP1○理屈系

 「要するに」「いわゆる」「逆に」「確かに」など

 常に賢く見えるようにしているので「堅い」イメージを持たれがち。でも、自分の基準で話の重要度を決めてしまうところがあるため、自分がどうでもいいと思ったことはバラしてしまう可能性が高いらしいです。信用はほとんどできないタイプらしいです。秘密は絶対に言わない方がいいかもしれません。

 周りに理屈系の人があまりいないのでよくわかりませんが(類は友を呼ぶです)、一番信用できるタイプだと思っていたので、驚きですね。ナルシストが多いらしく、自分が一番と思っている人が多いのでしょうか?賢いだけにいろいろなことが瞬時に判断できてしまうんですね。すごいといえばすごい人です。

STEP2○曖昧系

 「なにげに」「みたいな」「って感じ」「っぽい」など

 自分の言動や考え方に自信が持てず、不安を感じている。そんな人に「あなただけ」と秘密を打ち明けられたら、プレッシャーを感じてかえって挙動不審になってしまい、周りの人に気付かれてバラしてしまう可能性があるらしいです。不安に打ち勝てるかどうかで結果が変わってしまうので信用するにはちょっととういタイプになるらしいです。

 周りの曖昧系は、自信たっぷりの曖昧系。不安を自信たっぷりに見せて隠してるんでしょうか?そういえば、ちょっと挙動不審なときがあります。これって何かある時なんですね。これがわかっただけでもこのタイプとの付き合い方が分かったような気がします。冗談にしてもプレッシャーはほどほどにしたいと思います。

STEP3○頑固系

 「っていうか」「わかってるけど」「だって」「別にいいんだけど」など

 頑固系は一見穏やかな印象で安心感を与えます。秘密を守ろうと努力をするが、ちょっとしたことでキレ易いところもあるため、秘密を打ち明けた人の言動が気に入らないとバラしてしまう可能性があるらしいです。でも、そこそこ信用できるタイプになるそうです。

 よく頑固と言われます。でも、口癖は違うようです。多分上のようなことは言っていないと思います。頑固な人ってやはり口が堅いイメージなのですが…。昔だったらこちらのタイプだったかも知れません。とにかく短気でしたから。頑固は悪いことばかりではないです。だからなおさら、キレてしまうような状況を作らなようにして、秘密を守ってもらうことが一番かもしれません。

STEP4○大雑把系

 「とりあえず」「なるほど」「ぶっちゃけ」「ざっくり」など

 どちらかと言うとお調子者という印象が強い。でも、人間関係を大事にするためにお調子者を演じていることが多いのですが、実際は秘密は守りぬくことができるらしいです。お調子者だから、初めから秘密を打ち明けられることも少ないようですが、打ち明けても最も信用できるタイプになるらしいです。

 驚いてしまいますね。しかも私よく「とりあえず」って言ってます。正直お調子者です。確かにあまり人から相談されることはないです。でも人間関係は大事だと思っているので、聞いたことは本人が言うまで他の人に言うことはしないです。本人が言ったら別ですが、以前から聞いていたこともあまり言わないです。うーん、最終的には微妙ですね。もともと相談されにくいから話に出てこないと言われればそれまでですから…。

まとめ

 すべては、血液型の話と一緒で統計学の話です。当てはまる当てはまらないは自分で決めていいと思います。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

自分の意思

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ