雪の呼び方、いくつ知ってますか?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

同じ雪でも、色々な呼び方がありますよね

STEP1同じ雪なのに、色々な呼び方がある、ってなんだか風情が

ありますね。
いくつその呼称をいうことができますか?

まずは、降っている雪、です。

【白雪】【雪花(せっか)】【深雪(みゆき)】
・雪の美称。

【細雪(ささめゆき)】 
・細やかに降る雪のこと。

【粉雪】【小米雪(こごめゆき)】
・粉のように細やかな雪のこと。パウダースノー。

【灰雪】
・灰のようにふわふわ舞う雪のこと。

【泡雪】【沫雪(あわゆき)】 
・泡のようにとけやすい雪のこと。

【淡雪(あわゆき)】 
・うっすらと積もる、とけやすい雪のこと。

【玉雪】
・比較的暖かい時期に降る、玉の形をした雪のこと。

【綿雪】【牡丹雪】【花びら雪】
・雪片(せっぺん。ひとひらの雪をさす)の大きな雪のこと。

【餅雪】
・玉雪や綿雪がややとけている状態の雪のこと。

【べた雪】【濡れ雪】
・餅雪よりも水分の多い雪のこと。

【水雪】
・べた雪と雨の中間。

【風花】
・風上の降雪地から、風にのって流されてきた雪のこと。

STEP2次は、積もった雪、です。

【銀世界】【銀雪】【雪化粧】
・積雪した様子。

【新雪】
・積もったばかりの雪のこと。

【瑞雪】
・めでたいときの雪。

【粗目雪(ざらめゆき)】 
・とけたり凍ったりを繰り返してできた粗い雪。

【どか雪】
・一時に大量に降り積もること。

【雪明かり】
・積雪で薄明るくなる様子。

【雪持ち】
・雪が枝や葉に積もっている様子。

【綿帽子】
・樹木などに積もった雪の様子。

【松の雪】
・松の枝葉に積もった雪。

【垂り雪(しずりゆき)】 
・枝や屋根などから落ちる雪。


いくつ知っていましたか?

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ