腰痛になりやすい人

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

腰痛になっている人は、ほとんどがご自分の生活習慣や環境が原因となっていることがほとんどです。 腰痛で苦しんでいる人は、ここに挙げる分とご自分とを比べ、身に覚えがあれば、生活習慣を変える努力を少しずつでかまいませんから、やってみてください。

STEP1★ デスクワークや立ち仕事が多い

同じ姿勢を長時間していると筋肉が動かないので、血流が悪くなり、痛みのもとになります。

STEP2★ 姿勢が悪い

腰痛に限らず様々な病気の原因になります。
姿勢が悪いと背骨が曲がった状態で固定されてしまいます。
すると、腰の筋肉が収縮したままになり、常に緊張している状態になってしまいます。

腰はまっすぐな状態が正常なのです。

STEP3★血行が悪い

筋肉や神経の血流が悪くなると、痛み物質が発生します。
血行とは血液の流れのことですので、正常に流れなければ、痛みを感じてしまいます。

冷えることにより、血行が悪くなってしまいますので、
冷房の部屋に長くいたり、冷やしすぎたりすると腰が痛くなってしまいます。

STEP4★ 太っている人(妊娠の為に体重が増加した人)

太っている人は、おなかが前に出てくるので体をまっすぐ保つことができません。
そのため、姿勢の悪さとは違った背骨の歪みができ、腰に負担が来てしまいます。
また、体重が思いということで重さによる負担もあります。

妊娠中の方も同様に体重が増えてしまい、おなかが突き出てきますので、同じようなことが言えます。

STEP5★ 体の歪み

いつも同じ方の方に荷物を抱えている人や、利き手ばかり使っていると、左右のバランスが崩れてきます。
バランスが悪くなると、腰に負担がかかってしまいます。

STEP6★ 運動不足と運動のしすぎ

運動をしないということは筋肉を使うう機会が少ないために、筋肉が何かしらの動作ですぐ疲れてしまいます。
筋肉が疲労をすると痛み物質が発生してしまいます。
また、背骨は腹筋と背筋によって支えられていますので、筋肉が低下するとうまく背骨を支えられなくなり、姿勢を保つことができなくなり曲がってしまいます。

また、運動を激しくしすぎることも筋肉が極端に疲労してしまうので適度な運動が必要です。
適度な運動を毎日少しずつ行い、筋肉を日ごろから鍛えることが必要です。

STEP7★ 好き嫌いが激しい

ダイエットや好き嫌いが激しいと疲労回復や骨を作るのに必要な栄養素をとることができません。
カルシウムが不足してしまうとまず背骨から影響が出てくるため腰痛になってしまいます。

すぐに症状が出てくるわけではありませんが、30代過ぎると徐々に影響が出てくるので、今大丈夫な人もこれからの体作りのために、若いうちから体を大切にしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ