聞き取りやすい日本語の発音の練習

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
日本語の発音は、誰でもできるようでありながら、綺麗に発音するのは難しい場合があります。

STEP1①イ行音、ウ行音の発声に留意

ア・エ・オ行は、口を大きくあけるか、舌を下げるため、
聞き手も聴き取りやすいですが、
イ行・ウ行はともに口を小さくするため、
他の行の音と紛らわしくなってしまうことがあります。

こうした語を発音するときは、
他に比べてはっきり喋ることを心がけましょう。

STEP2②セ音

近年、若い人を中心に、「サ」行の発音が、昔とやや異なっているように感じます。
とくに「セ」の音は、舌っ足らずに聞こえます。

聞いたところでは、「セ」を「シェ」といったように、
子音を「シ」に近い音で発音する人が多いですが、
これだと舌っ足らずに聞こえます。

はっきりした感じを出すには、「スェ」と発音しましょう。
これにより、より正確な「セ」の発音になります。

STEP3③鼻濁音を意識する

「ガ」行音は、標準語では鼻濁音を使用しています。
やや鼻にかかったような音です。

これを発音するには、「ン」を母音の前につけましょう。
「ンア」といった形になります。

ただし、今は標準語でもこうした発音をする人は減ってきました。
しかし、これをきちんと発音するほうが、聞き取りやすい発音になります。

まとめ

なまりがあると発音ごと変わることがありますが、標準語を身につけたいのであれば、以上のことを意識してみましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ