わかりやすい文章を書くために

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
読み手にとってわかりやすい文章を心がけたいですね。

STEP1①短い文で書く

わかりやすさを優先するのであれば、
一文一文は極力短くしましょう。

長い文だと、どうしても言いたいことがあやふやになりがちで、
読み手も何を言いたいのか、どこに重心があるのかがわかりません。

特に力強く言いたい部分に関しては、短文で書いた方が迫力もでます。

STEP2②段落を活用

学校で、形式段落、意味段落といった段落分けを習いますね。
文章を書く際にも、そうした段落分けを活用しましょう。

意味のまとまりで各文をまとめ、
話が変わる部分では一字下げで改行するだけでも、
読み手はまとまりとして文章をとらえることができるようになります。

STEP3③断定的な文にする

~と思われるところです。
といったような文を続けると、読み手はあいまいな感じを受けます。
主張なのか、単なる感想なのかもわかりません。

自分の主張したいことについては、断定的に、簡潔に、
「~である。」といった表現を使用しましょう。

確信が持てないと、どうしてもあやふやな表現を使ってしまいがちですが、
文章表記をするときには、そうしたあやふやな部分を切り捨てたほうが、すっきりします。

まとめ

もちろん、全体の構成を整えてから書くといった基本的なことも必要です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ