腰が痛い原因

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

腰が痛くてたまらない人や、たまに痛くなる人、動かすと痛い人さまざまに腰の痛みとともに生活している人がいると思います。

ここでは腰が痛むメガニズムをご紹介します。
腰が痛む原因を3つに分けました。

STEP1★ 腰の筋肉が疲労している

同じ姿勢を続けていると、腰を支える筋肉に負担がかかり、筋肉が疲労してしまいます。
そのため、血管が圧迫されて血流が悪くなります。
血流が悪くなると血流の中にある酸素も運ばれなくなり、酸素不足となります。
酸素不足が続くと、痛み物質が発生し、痛み物質が筋肉を硬くするという悪循環になって、腰痛を慢性化させてしまいます。

STEP2★ 関節・椎間板が痛む

姿勢の悪さと無理な体勢で重い荷物なども持ったりすると、背骨の関節や骨と骨の間の椎間板に大きな負担がかかってしまいます。
負担がかかることにより背骨が少しずつ変形してしまい、背骨の神経が圧迫され痛みが発生します。
痛みのでかたとしましては、座ると痛み、立つと痛みが無くなる。
腰をそらすと痛み、前にかがむと楽になるというような症状が出るのが特徴です。

STEP3★ 内臓の異常が原因である

内臓に異常をきたしても、内臓が痛まず、痛みが脳へと神経を通る時に、背骨の神経を通ります。
その通った時の痛みを腰が痛いと勘違いしてしまうのです。

内臓の異常とは主に腎臓・子宮・卵巣・胃腸です。
生理の時の腰痛もこれが原因です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ