盲導犬育成ボランティア

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

最終的には視覚障害者の方のサポートとなるボランティアの紹介です。

STEP1

視覚障害者の方の目となって、生活するうえでとても重要な役割をする盲導犬ですが、その盲導犬を育てるのにもボランティアの協力が必要です。活動内容は、盲導犬の素質のある繁殖犬を預かるブリーディングウォーカー、生後2か月から約1年預かり育てるパピーウォーカー、盲導犬に向かないと判断された犬を引き取るキャリアチェンジウォーカーなどがあります。

STEP2

ブリーティングウォーカーの場合はペットと同様の扱いでも構わないのですが、パピーウォーカーは訓練やしつけは盲導犬協会の指導員が家庭訪問といったかたちであたります。どのボランティア参加するにも、日本盲導犬協会bに問い合わせをします。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ