おもちゃドクターボランティア

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

壊れてしまったおもちゃの修理のボランティアの紹介です。

STEP1

子供たちが壊してしまったおもちゃを、修理してまた使えるようにするのが主な活動です。
子供は、お気に入りのおもちゃが壊れてしまうと悲しそうに持ってきますので、少しお話しながら手元はおもちゃを修理するという感じになります。おもちゃが修理できたときは、子供の笑顔を見れるのが報酬です。
修理が目的の活動ですので、専門的な知識が必要になってきます。

STEP2

一般的に、決められた場所で定期的に行われる修理をする場所に、子供たちが壊れたおもちゃを持ってくるという感じになります。その場で修理できないものは、保護者の承諾を得てから一度持ち帰り部品など必要なものは取り寄せて修理します。このボランティアに参加する場合は、おもちゃ病院連絡協議会に問い合わせる。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ