ぼたもち、と、おはぎの違い、わかりますか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:199
  • ありがとう数:0

はじめに

おはぎとぼたもちって同じように思いますよね

STEP1もち米とうるち米を混ぜて炊き、適度につぶして丸めたものを

小豆あんで包んだ和菓子ですが、いったいどこが違うのでしょう? 

おもちは五穀豊穣、小豆は魔除けに通じることもあり、
日本の行事に欠かせないものです。
また、今と違って昔は甘いものが貴重だったため、ぼたもちと
いえばご馳走で、大切なお客様、お祝い、寄り合いなどでふるまわれ、
法要の際にも必ずお供えしていました。
お彼岸にお馴染みなのもそのためです。

STEP2【呼び名】

春に咲く牡丹の花にちなみ、春は「ぼたもち」といい、「牡丹餅」と書きます。
秋は萩の花にちなんで「おはぎ」といい、「御萩」と書きます。

【形の違い】
牡丹は大きくて丸い花、萩は小さくてやや細長い花。
「ぼたもち」は大きめで丸い形に、「おはぎ」は小ぶりで俵の形に作ります。

【あんの違い】
材料となる小豆は秋に収穫されます。
とれたての小豆が使える秋は、皮ごと使った粒あんに、冬を越した春は、
かたくなった皮を取ってこしあんにして使っていました。
だから、「ぼたもち」はこしあん、「おはぎ」は粒あんを使って作ります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ