少なくなったお祭り どんと焼き

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:251
  • ありがとう数:0

はじめに

各地であるのに、各地で呼び方も違います

STEP1日本全国で同じようなお祭りがあるのに、呼び方が違います。

でも、謂れとしている思いは同じなんです。

ただ、火災等の危険性から、各地で縮小傾向にあります。

STEP2まず、謂れですが。

1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに
長い竹を三四本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、
書き初めで書いた物を持ち寄って焼きます。
その火で焼いた餅を食べる、また、注連飾りなどの灰を持ち帰り
自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われています。
また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達するとも
言われています。

小正月にする、という点で、お盆の送り火のように、お正月に
来ていただいた神様を送っていく行事、と言われています。

STEP3では、名前ですが。

ほぼ全国共通で「どんど焼き」という名称が親しまれています。
しかし、地域によっては、北陸、東海地方、そして京都府で「左義長」、
大阪府で「とんど焼き」、九州では「鬼火焚き」と呼ばれています。
静岡県では「さいと焼き」という地域もあるようです。
長野県野沢温泉村では、どんど焼きを特に「道祖神火祭り」と称し、
道祖神との結びつきを強調しており、国の重要無形民俗文化財に
指定されています。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ