自画像の書き方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2317
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
自画像は、人物画の練習として最適です。

STEP1①人物画の練習

自画像は、他にモデルを必要としないぶん、
いつでも、好きなだけ、好きな時間描くことができます。

よって、人物画の練習として最適です。
気が済むまで、自分を描いてみましょう。

STEP2②自分の内面も表現する

自画像の強みは、自分の内面を比較的楽に表現することができることです。

自分の考えを一番理解しているのは自分であり、
そしてその内面が顔などに表れているため、
表面的ではない深みのある絵を描く練習にもなります。

どのような絵にしたいかを先に決めて、
そのうえで構図、配色などを決めていきましょう。

STEP3③三面鏡を使う

ただし、描きながら自分の顔を見ることには、欠点もあります。
鏡を使用し、一面的な見方しかできないことです。

自分の姿を多面的にみるためには、
三面鏡を使用すると良いでしょう。
自分の横顔を両面から見ることもできるし、
背面をみることもできます。

そのため、三面鏡を準備してから描き始めましょう。

まとめ

何枚も描いて、練習してみましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

三面鏡

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ