タマネギを切ったときの涙を防ぐ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:164
  • ありがとう数:0

はじめに

タマネギは常備野菜で、どんな調理法でも美味しいし、どんな料理にも合う食材です。
しかし、あのタマネギの涙がツライですよね…

STEP1

タマネギを切るときの涙って、半端じゃないくらいに目は痛いし、涙がボロボロで、切る作業が進まない…
あのツライ涙を防ぐ方法は、皮をむいて冷水に浸しておくことです。
理由は、水で冷やすことにより、涙がでる原因の刺激成分「硫化アリル」の蒸発を防げるのです。「硫化アリル」は切断時に細胞が壊れ、成分が飛び散って蒸発し発生するので、この蒸発を防げばいいのです。

STEP2

同じ理由で、良く切れる包丁を使うのも手です。細胞をスパッと切れば蒸発する量は減ります。逆に切れ味が悪い包丁だと、細胞を押しつぶすことになるので、もちろん飛散が増えて、涙ボロボロです。
試してみてください。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ