一つの軸を貫く大切さ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

元もじぴったんプロデューサーの方が書かれているブログが素晴らしいので、いちファンとして、多くの人にゲーム作りのハウツーとして広めたいと思い、勝手ながら引用させてもらいました。

不適切なら削除してください。



引用元: 元もじぴったんプロデューサーの生の知恵ブログ

http://ameblo.jp/takashi0nakamura/entry-10761435796.html

STEP1

プロデューサーの役割の大きな一つは商品やサービスに「一つの軸を通して貫く」事です。

その軸を「コンセプト」と呼びます。

商品企画、開発、宣伝等、プロジェクトで何をやって何をやらないか、はその「コンセプト」に従って決めます。

コンセプトがぶれていると、プロジェクトで仕様等で問題が生じる可能性が高くなるし、商品であればお客様に商品の魅力が伝わらないという事を引き起こしてしまいます。

現実の現場で、プロジェクトがうまく動かない理由の大きな理由の一つは、この軸のブレによるものです。

そして、軸をブレさせない事の重要さをきっちり分かっている必要があるのが特にプロデューサーなのです。

STEP2

ゲーム開発でいえば、開発を始める前に、ゲームのコンセプトをしっかり決める必要があります。

もちろん、軸となる「コンセプト」はディレクターや現場リーダークラスも十分に把握する必要があります。ただ、このイメージがちゃんと共有できていないとちぐはぐなものが出来上がったりするのです。

コンセプトがはっきりしていないと、宣伝やパッケージの開発時にもブレが生じます。

中身とはちぐはぐな売り方をしても、お客様には伝わりませんし、仮に間違って売れたとしてもお客様の不信感を増やすだけです。

STEP3

一貫したコンセプトは、お客様に商品が何であるか、どうよいのかを伝えるために必ず必要なのです。

プロデューサーは、迷ったら「コンセプト」に立ち戻る、という事を常にする必要があります。

そして、そのプロジェクトに関わる人にも十分に「コンセプト」を共有してブレないようにするのがプロデューサーの大きな役割の一つです。

商品やサービスに関わる全てに一つの「軸」を通す事。その商品が成功するための一つの必須条件だと言えると思います。

ではそのコンセプトとは具体的にどういうものか、という話はまた次回以降に。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ