睡眠障害

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

先進国の5人に1人が抱えているといわれている睡眠障害。 色々な症状があります。

STEP1★ 不眠症

誰もが名前は聞いたことがあるでしょう。
・寝つきが悪い
・夜中に目が覚める
・夢を見るので寝た気がしない
・明け方になると目が覚める
このような症状がおこるため、十分な睡眠をとることができません。
原因は様々で、ストレスや不安、体の痛みや尿意などで十分に睡眠ができないのです。

STEP2★ 過眠症

先ほどの不眠症とは対照的で、夜も十分に寝たのに、昼間にもかなりの眠気が襲うのです。
眠気がおこるため、仕事や運転が困難になります。
原因としては、睡眠薬やアルコール中毒・脳炎・うつ病が挙げられます。
まれに、「ナルコレプシー」という強い眠気に襲われてしまう病気もあります。

STEP3★ 睡眠時無呼吸症候群

寝ている間に、呼吸が停止してしまう病気です。
7時間の睡眠中に、10秒以上の呼吸停止が30回以上起きる場合に診断されます。
このような人は十分に睡眠をとれていないのです。
原因としては肥満による気道の収縮、舌の肥大や鼻づまり、脳の中枢に問題があることもあります。

STEP4★ 生体リズム障害

健康な人は、約一日を周期に睡眠と覚醒のリズムを持っています。
この体内時計のリズムが何らかの理由で崩れてしまった人のことを言います。
原因としては、体質、時差ボケ、交代勤務による不規則な夜型生活などが挙げられます。
規則正しい生活を心がけましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ