だるさがかかわる病気

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:187
  • ありがとう数:0

はじめに

十分休養をとったのにだるさが一向に抜けない時は、だるさだけではない病気が隠れているかもしれません。

1人で悩まず、病院へかかってみてください。

最初は内科で診てもらって、内臓等に問題がないかどうか見てもらって、異常がなければ、専門の病院を紹介してもらいましょう。

STEP1★ うつ病

最近よく耳にする病気になりました。
意識や思考力の低下、肩こりや頭痛、食欲不振、活動力が落ち倦怠感があります。
また、不眠もうつ病特有のもので、眠るサイクルが人とは違ってきます。

STEP2★ 自律神経失調症

うつ病の一歩手前とでも言いましょうか。
体の中の活動と休息のバランスが崩れ、うまくスイッチが入れ替わらなくなってしまい、全身のだるさを感じます。

STEP3★ 慢性疲労症候群

原因はまだ特定されていませんが、強い疲労感やだるさがあり、微熱やのどの痛み、筋肉痛などの症状があります。

STEP4★ 気分変調性障害

自律神経失調症がひどくなり、うつ予備軍くらいの状態でしょう。
気分の落ち込みが一日中続き、半年以上同じような状態が続いている。
集中力や気力がなく、なんとなく体のだるさを感じます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ