相性がいい食べ合わせ!悪い食べ合わせ!

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:5322
  • ありがとう数:0

はじめに

相性がいい食べ合わせ、悪い食べ合わせは、昔から言われていますが、理由
を深く考えたことがあまりないですね!なぜよいのか?悪いのか?知ってお
くと、今後食事の際に注意できます。

STEP1【食べ合わせのよいもの】

●刺身+しその実orわさび…生ものの危険を殺菌作用の強いしその実と、わさび
            がガード、食中毒を防止する組み合わせ
●ところ天+酢醤油+からし…冷たいところ天は胃を冷やし、体を温める酢醤油を
            からしで中和、冷えすぎを防止する組み合わせ
●とんかつ+キャベツ…キャベツに含まれるたっぷりの食物繊維には、とんかつ
           の油分を吸収し、抑制する働きがある。また、とんか
           つは高カロリーですが、キャベツにはカロリーを燃や
           す働きもある。絶好の組み合わせと言える。

STEP2【食べ合わせの悪いもの】

●てんぷら+スイカ…脂もののあとにお腹を冷やすスイカを食べると下痢をする
         という意味
●蟹+柿…腐りやすい蟹と消化の悪い柿。保存ができなかった昔、食中毒に注意という意味
●うなぎ+梅干し…梅干しによって口の中がさっぱりするため、ついうなぎを食
        べすぎてしまい、それをいさめる意味が込められている。
        一緒に食べても、体に悪影響を及ぼすものではないらしい。 

STEP3【薬との食べ合わせ】

●頭痛薬+スルメ…頭痛薬とスルメやハムなどの燻製食品をいっしょに食べる
        と、効きが悪くなってしまうことがあり、飲んだ人が薬の
        量をふやし、結果的に胃腸を壊してしまうたとえの言葉。
●便秘薬+牛乳…牛乳と一緒に飲むことで、腸へ行くまえに薬が溶けてしまい
       効果が低くなるというもの。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ