お酒を飲むと、眠れるのか眠れないのか?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1602
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ぽたる
よく眠れないからお酒を飲む、という人を見かけますが、果たしてそれは正しい行為なのでしょうか。

STEP1

お酒を飲むと眠くなる人は多いようです。寝付きが悪いから、とか寝る前にお酒を飲むとよく眠れるからと寝酒を飲む人がいますが、実は、確かに飲酒すると眠くはなりますが、それは最初だけで、数時間たつと逆に眠れなくなってしまう作用があります。予定の時間よりだいぶ早く目覚めて眠れなくなってしまったりするのです。大量に飲めば朝までぐでんぐでんで寝れるかもしれませんが、それはそれで翌日の目覚めは二日酔い気味で決していい睡眠をとったとは言い難い状態に。

STEP2

でも、実際なかなか寝付けなくて困ってるし、薬を飲むのは抵抗があると感じる人もいるでしょう。だからといって寝酒はよくありません。お酒は肝臓にも悪いし、実は睡眠中はアルコールの分解の速度が格段に落ちてしまうので、体にはお酒の方が負担が大きいと言えます。また、しょっちゅう寝酒しているとだんだんと飲む量が増えてしまう傾向があるようです。

STEP3

そういうわけで、どうしても寝付きが悪くて困っているなら、常習化したり量が増えていくことや、内臓に負担がかかることを考えて、お酒ではなく医師に相談しましょう。本当なら早寝早起きする、日中運動をしてほどほどに疲れる、寝る前にリラックスする、などといった対策をとるのが一番です。間違ってもお酒で睡眠薬を飲む、なんてことは絶対してはいけません。

まとめ

実はお酒は睡眠不足の解決になりませんので、他の方法をとりましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ