固定資産税を上げない方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

固定資産税を安くするにはいろいろとお金がかかりますが、上げないようにするために注意しておくべきことがありますので、紹介します。

STEP1

土地には地目と言って土地がどんな用途で使われているかを示す、ものがそれぞれの土地につけられています。
法務局の謄本に載っています。

STEP2

固定資産税はその土地がどのぐらいの広さでどのような使い方をしているかによって変わってきます。
つまり、その土地から利益が上がっていると判断されると税金も高くなります。

STEP3田や畑などの農業で使っている場合は、税金は安いです。

特に、調整区域といって建物が建てられない地域はさらに税金は安いはずです。
それとは反対に駐車場など、その土地が収入をうんでいるとみなされた場合、税金は高くなります。
また、地目が宅地で駐車場をしている場合が一番高いです。

STEP4

つまり、建物をいつか建てるというあいまいな状況で地目を田から宅地に変更にした場合税金は上がります。
地目は田へは簡単に変更できません。
ですので、建物を建てる計画もないのに、地目を宅地に変えると税金があがりますので注意してください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ