菱餅は元々2色だった!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

赤・白・緑の色をみると、ひなまつり、という気がしますね^^

STEP1古代中国で上巳節(3月最初の巳の日に厄払いをする行事)に

母子草(ハハコグサ)を入れたお餅を食べる風習がありました。
母子草とは春の七草のひとつ御形(ゴギョウ)のことです。

それが日本に伝わりますが、母子草を使うと、母と子をついて
餅にすると嫌われたこともあり、ヨモギを用いるようになります。
昔から香りの強いものには邪気を払う力があるとされています。

菱餅が作られるようになったのは、江戸初期のこと。
当時は、よもぎ餅の緑に菱の実を入れた白い餅を組み合わせたもの、
つまり緑と白の2色だけ!
これを緑・白・緑の3段、あるいは5段にしていたようです。
菱の実には、子孫繁栄と長寿の力があるとされており、菱餅と
いえば菱の実の粉で作るものだったそうです。

STEP2

2色だった菱餅ですが、明治時代に入ると、ここに山梔子(さんしし。
クチナシの実のこと)を入れた赤が入って3色となります。
赤は昔から魔除けの色として欠かせない色ですし、おめでたい色、
桃の花にも通じます。

3色のいわれとして
●赤……山梔子(クチナシの実)入り/魔除け/解毒作用/桃の花をイメージ
●白……菱の実入り/子孫繁栄、長寿/血圧低下/清浄、純白の雪をイメージ
●緑……よもぎ入り/厄除け/増血作用/健康、新緑をイメージ
とされているようです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ