成人式=やはり振袖のお嬢さんが多いですね

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

振袖は未婚の女性が黒留袖や訪問着に相当する格式の高い礼装として着る袖の袂が長い着物です。 振袖を着る最もポヒュラーな機会が成人式でしょう。

STEP1*特徴と分類*

未婚の女性が祭礼や儀礼的な場面で着用する正装の晴れ着が振袖です。
袂の長さにより「大振袖」袖丈114cm前後「中振袖」袖丈100cm前後「小振袖」袖丈85cm前後に分類されています。

STEP2*現在*

現在では最も袖丈の短い小振袖はほとんど着用されないが、格式があれば中振袖でも第一礼装として、一般的な大振袖より格が落ちるわけでわない(むしろ古風と認識される)

STEP3*発生の時期*

現在振袖と呼ばれる和服が発生したのは、江戸時代で若い女性が着る正装の和服の袖丈が徐々に長くなっていった。
元禄時代(1688年~1703年)頃には袖丈は55cm~95cm位だったのが、江戸末期(1867年)には95cm~122cm位になったといわれる。

まとめ

明治時代以降未婚の女性の華やかな正装として定着していった。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ