雛人形は、紙人形から始まったんです

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ちいさな人形遊び、からでした

STEP1雛祭りは、神行事ではなく、元々女性の節句だった5月5日が

男の子のお祭りになった以降に出来上がりました。

小さい、かわいい、という意味の【ひいな】遊びとしての、
紙人形の遊びがあった、という記述があります。

それと別に、平安時代に3月には、紙や植物でつくった人形で
身体をなでて汚れを祓い、それを水に流して神送りする行事がありました。

STEP2

この時代には飾り物としての古の形式と、一生の災厄をこの人形に
身代りさせるという祭礼的意味合いが強くなっていきました。
そのうちに、武家子女など身分の高い女性の嫁入り道具の家財の
ひとつに数えられるようにもなっていきます。
その為、自然と華美になり、より贅沢なものへ、と移り変わっていきます。

なので、これといった確約がなく、お内裏様を右に置くのか、
左に置くのか、5人囃なのか7人囃なのか、等、地域によっての
風習がちがっているのが現状です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ