節分の豆まきの方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

鬼は外、福は内、鬼は外、福は内。
子供の頃に豆まきをした経験は
みなさんありますよね。

でも、改めて
節分に豆をまく意味を考えてみませんか?

STEP1節分とは、

「季節を分ける」ことから「節分」というそうです。

現在は、節分といえば立春の前日(2月3日)だけになっています。
でも、元々は季節の始まりを示す立春、立夏、立秋、立冬の前日は
すべて節分といっていました。
季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていました。
特に立春が1年の始めと考えられることから次第に
「節分」といえば春の節分を指すものとなってきました。
立春を新年と考えれば、節分は大晦日にあたり、
前年の邪気を祓うという意味で
豆まきが始まりました。

STEP2節分の日には、豆まきをして「鬼(邪気)」を祓います。

豆まきには悪魔のような鬼の目「魔目(まめ)」にめがけて豆をまくと
「魔滅(まめ)」魔が滅するという意味になるそうです。

このようないみから、
マメは鬼を祓う道具でありながら
鬼そのものであると考えられていたようです。
そのため、節分の豆まきは
鬼である豆を外に
まきながら「鬼は外」と言います。

STEP3●豆まきの他にも

炒った大豆を年の数だけ食べます。

●恵方巻きを食べます。
恵方(吉方位)を向いて太巻きを丸かぶりするという
関西発祥の行事もあります。


●イワシの頭とヒイラギを戸口に挿します。
焼いたイワシの頭の悪臭と、ヒイラギの棘で鬼を追い払うという風習です。
現在では、焼いたイワシを恵方巻きとともに食べる家庭が多いそうです。

まとめ

鬼にマメをぶつける事により
邪気を祓い、
一年の無病息災を願うという意味があります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

お祓いを行った炒った大豆(炒り豆) 節分の時期になるとスーパーなどで 節分コーナーが設けられ、 そこに豆まきの豆を売っています。 鬼のお面も作ったりして 鬼役を作ると盛り上がります。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ