節分の日に恵方巻

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

関西育ちの私は、小さい頃から節分の日には毎年恵方巻を食べていました! 平成の時代になってからコンビニやスーパーなどの販売商戦で全国的にこの習慣が広まったようです。

STEP1

恵方巻は、節分の夜にその年の恵方を向いて太巻きをまるかじりします!

災いを払い幸運を祈る「厄払い」として広がったようです。

願いを込めながら食べるので1本を食べ終わるまで一言も喋ってはいけません。

子供の頃、太巻寿司があまり好きではなかった私は
1本食べるのが辛くてあまりいい思い出がないのですが(笑)

STEP2「恵方」とは

陰陽師における方位神のひとつで歳得神(としとくじん)という神様が司る方角は大吉とされるため「恵方」と呼びます。

無言でお願い事をすると福をもたらしてくれると言われています。

今年の恵方は「南南東」です

STEP3「福を巻き込み、縁を断ち切らない」

という意味から切らずにまるかぶりするようになったようです。

STEP4

我が家の子供たちは、かんぴょうなどが入った太巻き寿司はあまり好きではないため、
毎年節分の日には「サラダ巻」の太巻きを作っています♪

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

恵方巻

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ