求人の給与形態

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

給与とは、被雇用者に対して雇用者が支払う報酬のコトです。労働の対価として、雇用者は給与を支払う義務があり、被雇用者は受け取る権利があります。とはいえ給与形態はさまざま。入社前に、自分に合った形態かどうか、確認するコトが大切です。

STEP1

まず固定給とは、あらかじめ決められた時間の単位で支給される給与のことです。
時給は1時間単位、日給は1日単位、月給は1ヶ月単位、年俸は1年単位などがあります。
月給や年俸では、付きに1回給料日に支払われるのが普通です。労働基準法では、賃金は通過で直接労働者にその全額を毎月1回以上一定の期日を定めて支払わなければならないとされています。
また、固定給とは別に手当が支給される場合もあります。手当は企業によって異なります。

STEP2

固定給+歩合制は、固定給に一定期間内の個人や事業所の売り上げなどの業績により変動する部分を加算して支給します。

STEP3

完全出来高制、完全歩合制は、時間に対して支払われる固定制のモノではなく、売り上げや成績などによって報酬額が決まるものです。従って、支給額は毎月変動し、個人差も出ることになります。正社員や契約社員、アルバイト、パートなどではなく、業務委託契約の場合に多くみられます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ