革靴を購入したら履く前にやっておくこと

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by ぽたる
革靴を買ってそのまま履いて汚れてしまったら修復が大変です。第一回目に履く前にしっかりケアしてから履きましょう!

STEP1

買ってきたばかりの革靴。新品でピカピカでそのまま履いても問題なさそうですが・・・実は乾燥しています。また、汚れ防止策をとってから履いたほうが、1回履いただけで汚れてしまった、ということになりにくいのでおススメです。

STEP2

クロスに乳化性クリームをとり、目立たない部分に塗ってテストします。ベロの見えない部分や、カカトの端などに塗って数分おいて変色していないかチェックしてから塗り始めないと、運悪く合わなかった場合、新品なのにムラムラな靴になってしまいますので要注意!

※乳化性クリームは靴の色に合わせて用意しましょう。

STEP3

変色しないようであれば、全体に乳化性クリームを薄く塗ります。厚く塗ったりムラが出たりしないようにできるだけていねいに塗っていきましょう。横向きに一気に雑に塗ったりせず、小さな円を描くように端からすこしずつ塗っていきます。

STEP4

数分後、かわいたクロスでからぶきします。これで乾燥ケアはOK。後は防水スプレーを吹きかけておきましょう。至近距離からかけるとシミになったりしますので、靴から数十センチ離して、やわらかくミストがふりかかるようにしてかけます。これで、おろしたばかりの靴に水や雨があたってシミになることを防げます。

まとめ

履く前のひと手間はとっても重要です。やってもやらなくてもいい、というものではなく、ぜひやっておくことをオススメします!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

乳化性クリーム クロス 防水スプレー

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ