「ありがとう」を先に言う

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

ひとへの感謝の気持ちを表すことば「ありがとう」。言うタイミングを意識してみましょう。

STEP1

「ありがとう」は、してもらったときだけに返す言葉ではありません。喜びの心から自然に湧き出てくるものなのです。使えば使うほど、自分自身も輝けるでしょう。
「ありがとう」を言うタイミングを意識して、たくさん「ありがとう」を使って感謝の気持ちを表現しましょう。

STEP2

たとえば、友達をお家に誘ったときです。誘われた方も「ありがとう」ですが、誘ったあなたも「わざわざ来てくれて、ありがとう」と一言、しかも相手より先に言ってみましょう。

一緒にランチをするとき、「付き合ってくれて、ありがとう」。約束をお断りされたとき、「忙しいところ連絡を、ありがとう」。

相手より先に言うことを心がけましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ