栄養満点!大根の葉を利用

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by hana-haha
寒い時期には、おでんや煮物で欠かせない野菜といえば大根ですね。大根の葉は生ごみにしていませんか?

STEP1

カブや大根などは、本体よりも葉っぱの方に栄養価が多いのです。捨ててしまうのは、大変もったいない話です。スーパーで売られている時は葉を落とされていること多いですが、もしも新鮮な葉付き大根を見つけたら大根葉も色々と利用しましょう。

STEP2

大根の葉には糖尿病や高血圧、血行促進に効果があるビタミンK、葉酸、βカロチンなどが多く含まれています。こんな栄養満点の食材を使わない手はありません。しかも、味にクセが無いので、味噌汁やチャーハン、鍋物、炒め物など使い道は色々です。刻んで電子レンジで加熱し、軽く塩とゴマ油で味付けしただけで小鉢の一品になりますよ。
葉ものですから痛みが早いので、買ってきたらすぐに切り落としサッとゆでて細かく刻み冷凍保存しておくのがおすすめ。小分けできる様に保存バックなどに平らに伸ばして冷凍すると使いやすいです。ちなみにカブの葉なら、風邪やお肌にいいビタミンAやビタミンCなどがとれます。

まとめ

冬は野菜不足になりがちなので、栄養価の高い野菜を心がけて取りたいものです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ