おせち料理の豆知識

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

毎年なんとなく準備して、なんとなく食べているおせち料理、どんな意味が込められているのでしょう。

STEP1

おせち料理は、年の始めにその年の豊作を祈って食べたり、お祝いとして食べる料理のことです。三が日は主婦も家事をお休みするという意味があり、保存の効く食材が中心のものになったといわれています。
またお正月に台所で火を使う作業を避ける、という意味もあるそうですよ。

STEP2おせち料理に出てくる食材にもそれぞれ意味があります。

海老:ひげが長く、腰が曲がっていることから、長寿を願って入れられます。
数の子:沢山のたまごがあることから、子孫繁栄を願う意味があります。
八つ頭:八という漢字は末広がりという意味や、人の上に立つという意味があり、縁起がいいとされています。
黒豆:まめに生きられるという意味があります。
鯛:良く言われていることですが、めでたいから来ています。
昆布:「喜ぶ」にかけたものだそうです。
蓮根:穴が空いている蓮根は、先のことを見通せるようにという意味が込められています。
田作り:昔、田畑の肥料として使われていた小魚を食べることで、実り多い一年を願います。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ