病気のサインを見逃さないようにしよう。

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:316
  • ありがとう数:0

はじめに

最近の病気、特に成人病は病気の前兆が無いと言われますが、それでも病気になった後に「今思えば・・・」と言ったことが往々にしてあるようです。
自分の体のサインを感じて対策を打って、完全に病気になってしまうリスクを防ぎましょう。

STEP1医学的には?

東洋医学で「未病」と言う言葉があります。
西洋医学では「不定愁訴」と言うようです。
これらは、完全な病気ではないけれど、「頭が重い」「肩が痛い」「腰が痛い」など、病院に行くほどではないけれど自覚症状がある状態のことを言うようです。
「病気の予備軍」「前触れ」という言い方をしても良いのではないかと思います。

STEP2体のサインとは?

ステップ1で書いた、「頭が重い」「肩が痛い」「腰が痛い」などもそうですが、他にも「肩こり」「頭痛」「冷え性」「こむらがえり」「左胸のほうが大きい」「目が疲れる」「眠れない」「寝付けない」「体が疲れやすい」なども、これに当たります。
他にもさまざまな症状がありますが、こういう症状がある人は健康に十分配慮をしないといけない状態であると言えます。

「頭痛」「頭が思い」「肩こり」などは脳の疾患の前触れである場合がありますし、「眠れない」「頭痛」「寝付けない」はうつ病の症状にも含まれます。
「こむらがえり」「左胸が大きい」は心臓疾患の前触れ、「体が疲れやすい」などは糖尿病の前兆の可能性があります。

STEP3原因をしっかり把握する。

ステップ2のような症状があっても、大きな病気につながらない場合も、もちろんあります。
頭痛などは日常生活に支障の無い脳の奇形で起こる場合もありますし、体が疲れやすくても仕事のしすぎが原因であったり、腰痛も腰の筋肉が痛んで起こったりします。
上記の症状があっても、原因はさまざまなのです。
ですので、気になるようなら病院の受診をお勧めします。
病院を受診して原因が分かれば安心しますし、早期発見出来れば早期完治につながります。
仕事などで忙しくても自分の体のケアは大事だと思います。

まとめ

日常の体のサインを見逃さないことで、病気を未然に防いだり、症状が軽い状態で完治させること可能な場合があります。
自分の体のサインを見て、健康な生活を行えるように気をつけましょう。

参考サイト:未病とは-日本未病研究会
http://www.mibyou.or.jp/about/

不定愁訴-Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%AE%9A%E6%84%81%E8%A8%B4

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ