教科書の利用法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by いなみわけ
学校を卒業したら、教科書はもう使わない…という方も多いと思いますが、とっておくと便利です。

STEP1①勉強の手引きとしてとっておく

教科書は、後々復習したいときに役立ちます。

特に高校の教科書は、一般雑学程度であればほぼカバーできますので、
一冊とっておいても損はありません。

また、塾でアルバイトしたい場合などは、
自分の勉強用にとっておけば、わざわざ本を買う必要がなく便利です。

STEP2②弟妹に譲る

家族であれば、弟や妹に譲っても良いでしょう。
日本では教科書が無償なので、
あまりこうした慣習はないのですが、
教科書は次第に改訂されるので、
昔の教科書をとっておけば便利な場合があります。

特に最近はゆとり教育ということで、
教科書の内容が削減されることがありましたが、
家に昔の教科書を一冊置いておけば、
そうした国の政策に左右されずに、勉強することができます。

STEP3③後輩に貸す

大学の教科書等は、後輩に貸しても良いでしょう。
専門知識の教科書は値段が高く、
経済的な負担になります。

そこで、後輩に貸せば、ありがたがられます。
大学の教科書は、授業が終わったら使わないことも多いので、
譲っても良いでしょう。

まとめ

教科書はとっておくと、いつか役立つことがあります。本棚に入れる必要はありませんが、ダンボールなどにいれてとっておくとよいです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ