介護や育児に、レスパイトケアで休息を

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

レスパイトケアとは、家族の介護や育児で毎日を過ごしている人々のための、家族支援サービスです。

上手に利用して、息抜きやリフレッシュを図りましょう。

STEP1

レスパイトケアは、1976年に日本でも「心身障害児(者)短期入所事業」の名称で、いわゆるショートステイとして始まりました。

施設への短期入所や、自宅への介護人派遣などがあります。

STEP2

家族支援サービスが始まった当初は、「社会的事由」(家族の病気や事故、冠婚葬祭など)に利用が限定されていました。

現在では、介護疲れなどの私的事由でも、利用ができるようになりました。

STEP3レスパイトケアの課題としては、次のような点が挙げられます。

・施設への入所がサービスの主流なので、利用者の日常生活が崩れる。

・家族がケアを受けることの必要性への社会的認識が低いことで、レスパイトケアを利用することへの抵抗感がある。

STEP4

欧米では、地域支援サービスの1つとして、広く行われています。

日本でも広がりをみせ、自治体により独自の基準が定められています。

まとめ

介護や育児に携わる家族は、毎日24時間休みがなく、肉体・精神両面での疲れやストレスが溜まりやすくなります。

このような一時的な休息を取ることができれば、また介護や育児にも専念しやすくなるでしょう。

ご自分が介護や育児をされているなら、レスパイトケアを積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

また、周りで介護や育児に携わっている人がいたら、このような家族支援サービスがあることを伝えてみるのも良いのではないでしょうか。

1人の負担を減らし、もっと助け合える社会をめざしていきたいものですね♪

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

心のゆとり

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ