厄年の根拠は?

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

「気にしない」と思っても
ちょっと警戒してしまう厄年。
これって、何が根拠になってるのでしょう?

STEP1厄年の根拠は陰陽道にあるそうです。

日本の中の数多くある迷信の中でも、わりと根強いものですね。
土地によって多少違いがありますが、普通、男性が25歳、42歳、60歳、
女性が19歳、33歳を厄年としていて、
中でも男性42歳、女性33歳を「大厄」としています。
そしてこの「大厄」の前後を「前厄」と「後厄」としていますね。

STEP2

厄年の由来は、平安時代に公家の間で盛んだった陰陽道(おんみょうどう)。
簡単にいえば、単なる占いです。厄年には、災難が降りかかることが多いので
諸事慎み深くふるわなければならないとされたものです。平安時代は、
厄年の人は神仏に祈って厄払いをしなければならないとされていました。

STEP3ところで、現在一般的に広まっている厄年の中で、

女性の33歳は近世も末頃選ばれたもので、三三が「散々」に通じる
からだとされています。また同じように男性42歳は四二が「死に」
に通じるからと言うことで、特に強調されています。

いってしまえば、単なる「占い」や「言葉遊び」から来たようなもので
何の根拠も無いこと…なのでしょう。
ただ、この「大厄」の年齢が家庭的にも社会的にも重たい負担が
かかってくるという点、肉体的、精神的負担や、中だるみなどを
考えれば、やはり「諸事慎」み、自分を振り返る、よい機会かもしれません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ