うつ病のさまざまな療法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:202
  • ありがとう数:0

はじめに

現代の特徴的な病気の一つとして、うつ病があります。
うつ病にかかる人も増えてきています。
うつ病の治療は休養と投薬治療が基本なのですが、ここではそれ以外の療法を考えてみましょう。

STEP1認知行動療法。

物事の認識の仕方を考えて感情や気分をコントロールする療法。
うつ病は自分を責める場合が多いので、物事を合理的で自己擁護的に向けさせます。
具体的には、物事が起こった原因と結果を自分で分析して記録したりします。
自分も実際やってみましたが、人間関係のトラブルの原因が自分だけにあるのではないと思えるようになります。

STEP2光療法。

太陽光や人工の光を浴びる療法。
特に季節性うつ病に効果が高いと言われています。
冬は日照時間が少ないので、うつ状態になりやすいと言われています。
家にいるだけでなく、毎日太陽の光を浴びることも大切と言うことを教えてくれていると思います。

STEP3その他の治療法。

自己的な判断になると思いますが、うつ病になると不眠が同時に襲ってきたり、頭痛がしたりと言う症状も現れます。
体内時計が狂ったりすることも多いです。
規則正しい生活を送るよう心がける、寝つきを良くするために寝る前に目や脳に刺激を与えないように気を付ける、適度に運動して体をほぐし、頭痛の原因を取り除く、と言った方法も治療法の一つと言えます。

まとめ

今回は一般的な療法をご紹介しましたが、他にもいろんな方法があります。
主治医と相談しながら治療を進めていきましょう。

参考サイト:Wikipedia-うつ病
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ