郵便ポストはなぜ赤い?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4662
  • ありがとう数:0

はじめに

郵便ポスト、
どうして赤いのでしょう?

STEP1郵便ポストといえば「赤」と反射的に思うほど、

現在、郵便ポストの色は赤色で統一されています。
しかし、実は、最初は赤ではなかったのです。
調べてみると、赤に決まった理由というのは
意外と簡単なものでした。

STEP2

そもそも日本で郵便制度が始まったころは「書状集め箱」という名称で、
木製の箱でした。木製ですから、雨にさらされると色は変わりますし、
何年も置いておくと、だんだん朽ちてきて、弱いものになってしまう、
そのようなものでした。
その後、明治5年のイギリスの郵便ポストの形を採用しましたが、
その時は鉄製の細長い角柱状のものに口がついたものでした。
そしてこの時のポストの色は「黒」でした。

STEP3ところが、「黒」と決めてみたものの、街に照明設備が

無いころですから、夜になると月明かりでさえも
黒いとポストがわからなくなってしまいます。
そこで、遅ればせながらの明治21年、黒より目立つ、
赤いポストを使用することにしたものなのです。
もしそこで「白」と決まれば今も白だったのでしょう。
単純に「目立つ色」いうのが理由だったのですね^^;

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ