なんとなくだるい時

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

5月病といわれたりすることもあります。

原因がないのに、なんとなく疲れが取れず、元気になれない時ありませんか。
だるいというだけで病気でもなんでもない・・
怠けているなんて思われることもありませんか。

だるいって原因がちゃんとあります。
どうしてだるくなってしまうか知って、堂々とだるさを主張しましょう。

STEP1

だるいということは、人間の体が自分の体を休めなさいというサインなのです。
だるい時は無理をせず、体に正直に体を休めることが大事です。

だるさの原因としては5つに分けられます。

STEP21. エネルギー不足

ダイエットなどによるエネルギー不足で内臓の活動が低下し、貧血で酸素量が不足してだるくなります。

STEP32. 筋肉の使い過ぎ

運動や仕事などで長時間筋肉を使いすぎると、乳酸という老廃物が作り出されます。
乳酸とは疲労物質のことで、だるさや疲労感の原因となります。

STEP43. 血行不良

血液の循環が悪いと酸素やエネルギーが体中に回らず、だるさを感じます。
特に腰や足など、下半身がだるくなります。

STEP54. うつ予備軍

考えすぎたりすると、脳のエネルギーを使い果たし、集中力が低下してしまいます。
慢性的になるとうつ病へと病状を悪化させてしまいます。

STEP65. 自律神経失調症

緊張が続くと自律神経が不安定になり、だるさを感じてしまいます。

STEP7ただのだるさだと思っていても様々な原因があります。

どんな原因でも、体を休めなさいというサイン。

時間を作って、自分の体をどうぞいたわってあげてください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ