♪ エリンギとは? ♪

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:481
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by my-research
みなさんこんばんは♪ とのねえです(^^)♪
みなさんいつの時代からか普通に野菜コーナーに並ばれて、お安く買えるようになっていたきのこ
『エリンギ』 確か出たては高かったイメージが… でも、今ではリーズナブルにしかも形がマツタケに似ている事から重宝されているという話もちらほら♪
そんな『エリンギ』ちゃんを調べてみることに(^^)では、『エリンギ』ちゃんの調査の旅にレッツらごぉ~
とぉ~う/(^○^)/

STEP1○エリンギとは○

エリンギ(学名: Pleurotus eryngii )は、ヒラタケ科ヒラタケ属のキノコの一種。子実体は食用とされる。
イタリア、フランスなど地中海性気候地域を中心として、ロシア南部、中央アジアなどのステップ気候地域までを原産地とし、主にセリ科ヒゴタイサイコ属(エリンギウム)の植物エリンギウム・カンペストレ (Eryngium campestre) の枯死した根部を培地として自生することから命名された。
原産地域ではもともと人気のある食用キノコで、フランス料理やイタリア料理などの定番食材のひとつである。日本においては、1990年代に愛知県林業センターで初めて人工栽培が行われ、日本では太くて大きいエリンギが開発された。その後、栽培技術が普及するにともなって各地で大量の商業栽培がおこなわれるようになった。
日本において本種の自生はなく、市場において見られる物は全てが栽培産品であり、学問上定着した和名は無い。

STEP2○エリンギの活躍の場○

歯ごたえが良く食感はマツタケや加熱したアワビによく似るとされているが、食材そのものの香りには乏しいため、種々の味付け・香り付けを施して調理されるのが普通である。現在では大量栽培が普及したため、価格も手ごろな食材として人気が定着している。
ソテーやスープの具材として用いる南欧料理のほか、和食や中華料理の具材としても広く使われるようになった。歯ごたえを楽しむために、縦に走る繊維と直角に切ったものを用いた中華スープや、食べやすい大きさに手で裂いて炒めたバターソテー、煮込んで佃煮にして供するなど手軽な調理法が種々考案され、日本においても人気の食材のひとつとなっている。

STEP3☆きのこは購入後いつまで食べられるのか☆

1.きのこを冷蔵庫で保管していたところ、きのこの表面から白色のうぶ毛のようなものが生えてきました。これは何ですか?
1 答え 
きのこは収穫・包装後も生きているため、きのこの表面の細胞が空気中に伸び始めます。これを気中菌糸といいますが、きのこそのものなのでそのまま加熱調理していただいても構いません。ただし、きのこは生ものですので、ご購入後はなるべく早く調理してお召し上がりください。

2.マイタケの傘の下に、白いものが付いていますがこれは何ですか?
2 答え 
マイタケの傘の裏側には胞子を作る管孔という器官があります。マイタケの成長とともに管孔が発達し、傘の裏側に白い突起状のものがびっしりあるように見えることもありますが問題なくお召し上がりいただけます。
3.エリンギの入っているトレーの、きのこの傘がある周辺に白い粉のようなものが付着していることがありますがこれは何ですか?
3 答え
これはエリンギの胞子です。きのこは収穫・包装後も生きていますのでパッケージ内できのこの傘から胞子を飛ばすことがありますが、品質上、特に問題はありません。

STEP4!!!びっくらこいたエリンギの栄養成分!!!

食物繊維を豊富に含んでいて、腸内の脂肪やコレステロールを吸着して肝臓での脂肪沈着を
抑える働きがあり、肝障害の予防や!!!ダイエットに効果!!!があります。
カリウムの含有量はキノコ類の中で上位に入り、高血圧症の予防に役立ちます。
また、骨を形成するのに必要なビタミンDを有しているので、育ち盛りや骨粗しょう症の方に必要な食材ですねん♪

まとめ

調べてみたらびっくり!!!以外や以外、身体を作るのに必要な栄養素をたぁ~んともっていらっしゃいました『エリンギ』ちゃん♪(^^)お安い食材だからこそもっとありがたい♪

きのこの季節にはちょっと遅いかもしれませんが、いまやスーパーに行けばかわいい頭をしたエリンギちゃんたちが横に綺麗いに並べられて待っております。
明日から見る目を変えてえりんぎちゃんに会いにいってみてはいかがでしょうか♪(^^)


ともねえでした。 

必要なもの

ウィキペディア:http://ja.wikipedia.org/wiki/ ホクト株式会社お客様相談室

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ