こんにゃくの意外な効果~こんにゃく湿布

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

低カロリー、食物繊維豊富でダイエットの強い味方・こんにゃく。実は、疲れを癒す効果もあるんです。

STEP1

こんにゃくを食べるのではなく、湿布として使う療法があります。

鍋に水と塩、こんにゃくを入れ、沸騰したお湯で20分ほど茹でます。
茹でたこんにゃくを、タオルに包みます。もの凄く熱いので注意してください。タオルの枚数で熱さを調節します。1枚で包んで熱すぎるようなら、もう1枚上から包むようにします。

こうしてできたこんにゃく包みを、足の裏や腰などに乗せて湿布します。じんわり温まり、疲れた体も癒されますよ。冷え性にも効果があるようです。

STEP2

こんにゃくは、数回なら再利用できます。使うほどに小さくなるので、温度の持続効果は次第に下がります。

まとめ

本当に温まるので、夏ではなく冬場におためしください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ