人生の節目で長寿の祝いをしませんか

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

人は誰もが健康で長生きすることを望みます。
しかしながら、全員が無事長寿を迎えるとは限りません。そこで幸いにして無事長寿を迎えられた方は、その幸せを感謝し、自分が生きてきた証として、人生の節目節目で長寿を祝う慣わしがあります。長寿祝いには還暦、古希、喜寿、米寿、卒寿、白寿の祝いがあります。

STEP1●還暦

本卦がえりとも言い、生まれ年の干支に再びかえる数え年の六十一歳に行います。
●古希
七十歳になると、「人生七十古来稀り」として祝います。
●喜寿
喜という字の草書体が七十七と書かれることから生まれました。

STEP2●米寿

八十八歳の祝い。米と言う字を分解して八十八としたものです。
●卒寿
卆を九十と読み、九十歳で祝います。
●白寿
九十九歳の祝い。百の字から一をとると白の字になることから白寿の祝いとして行います。
  

まとめ

●祝い事は数え年で行います。年の初めに暦等で家族の年齢を確認しておくと、間違ったり忘れたりすることなく、確実に祝い事を行うことができるでしょう。
●長寿祝いは、親類縁者を含めて行うと、親族の絆が一層深まります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

・赤い頭巾、赤い衣(還暦祝) ・ご祝儀袋

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ