空を見て楽しもう - 地球影

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:490
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by J+Z
見るたびに違う表情を見せてくれる空、今回は地球影です。

STEP1【地球影 - Earth Shadow】

「地球影(ちきゅうえい)」は、読んで字の如く地球の影のことです。まず、上の写真を参照してください。地平線付近に見える濃いブルーの帯が地球影です。1日に2回、日の出直前と日没直後の15分程度、太陽の反対側(朝は西、夕方は東)に見られます。見通しの良い場所(高所、海岸、平野部の田園地帯など)を選んで観察してください。大気が澄んでいる冬に見られることが多く、夕方よりも朝の方が高確率で見られます。

STEP2【ヴィーナスの帯 - Belt of Venus】

Photo by J+Z
「ヴィーナスの帯」は、空と地球影の境界部分、帯状に薄桃色や薄紫色に染まった部分のことを表します。夜と朝、昼と夜の境界線でもあり、ヴィーナスの帯を境に上は朝、下は夜になります(写真を参照してください)。条件の良い時はもっと鮮やかな色の帯が現れることもあります。

STEP3【日々の空を記録する】

Photo by J+Z
見るだけでも楽しい空ですが、記録として残しておくとさらに楽しみが広がります。毎日撮影するのは大変ですが、撮影した画像を1ヶ月ごとにまとめ、コンタクトシート化すると立派な記録になります。Windowsの場合、特別なソフトがなくても印刷ウィザードからコンタクトシートを作成することが出来ます。

まとめ

冬季の夜明け前後はかなり冷え込みます。風邪など引かないように、しっかり防寒してください。また、撮影する場合は予備のバッテリーをお忘れなく。

必要なもの

防寒グッズ カメラ/デジカメ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ