多様化するパチンコレート毎の楽しみ方。

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:363
  • ありがとう数:0

はじめに

ここ最近パチンコもいろんなレートで遊べるようになりました。

ここでは各レート毎の遊び方や、デメリットなどをお伝えいたします。

STEP11 一円パチンコ

貸し玉が1円で借りられるという意味です。

ということは、500円分の球を借りると、500球出てくるということです。

お金がないとか、ゲームセンター感覚で遊ぶならお薦めです。

初心者の方の入り口的な意味も当初はあったようですね。

デメリットとしては、換金ギャップですかね。

大概のお店では、換金ギャップがあって、1球 1円交換かな?とか思ってたら

0,7円とか0,5円交換とかなので、爆連したとしても得る金額は少ないです。

景品とかに換えたほうがいいかもしれないですね。

STEP22 2円パチンコ

これも1円パチンコとおんなじ意味です。

2円だと500円分で、球に換算すると、250発ってことになりますね。

少し1円パチンコでは物足りない方とかにはいいかもしれません。

ただ、ゲームセンター感覚だと痛い目にあうかも知れないので、注意したほうが

いいです。

STEP33 4円パチンコ

いわゆるマックスタイプっていう営業形態です。

500円で、125球借りれます。

もちろん換金ギャップが存在しますが、大きい勝負になりがちと思います。

お金のなくなるスピードも速いので、ひどい時は10万円ぐらい負けます。

もちろん逆もあるのですけどね。

まとめ

計画性をもって遊びましょう。

換金率などを店員さんなどにきいてみたほうがいいかもしれません。

大体の計算がたつので。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

時間 お金 換金ギャップに対する理解

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ